スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.02.18 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    震災、そして復興へ(被災地応援ファンド)

    0

      目眩…このところ忙しかったからな。

      それにしても、こんなに目眩するんじゃ運転は危ないなと車を止めました。

      いや目眩じゃない!

      地震だ

      街灯や電柱が大きく揺れて道路のアスファルトが波打ってた『どうしよう!お願い!止まって!』と叫びながらも、あまりの揺れの大きさに車内の天井に何度も頭がついた。

       3月11日…巨大地震〜大津波、大火災、気仙沼は壊滅的な被害を受けました。大津波警報が発令された後、本当に巨大な津波が何度も押し寄せては引いて…を繰り返し全てを呑み込みました。



      地震直後は考える間もなく従業員を帰し、家族・我が身の事で精一杯。

      数日後、通れる道を車で途中から歩いて会社に行くと何もなく更地でした

      大地震、大津波、安否…どれも過去に使った事がない言葉です。


      震災後は全てのライフラインが止まり、やっとの思いで連絡がついた社員からは、無事だけど家が流され一家で親戚宅や避難所に居るとの事、ガソリンはなく、スーパーも三時間並んで欲しい物を買うのではなく、ある物を買う…経験した事のない惨事に3月11日から私は止まっていたと思います。



      しばらくしてライフラインが戻った頃、HPの問い合わせやEメール、インターネット上の安否情報でお客様、取引先様、友人など心配してる内容の文章を見ました。

      まずは無事を伝え、何度かやりとりしてる内に『また食べたいな・もうやらないの?再建するなら待ってるから』の声を続々と聞くようになり…考えました。

      ホントに考えました

      創業者から今に至るまでその時代時代で頑張ってきた人たちが居て、その麺を愛してくれたお客様、取引先様があったから今がある訳で、勿論私も色々な犠牲を払って頑張ってきて、

      ここで辞めていいのか…

      やっぱり丸光の麺が食べたい!世の中に麺はいっぱいあってそれでも丸光の麺を食べてくれてた人たちの為にも、創業者からの想いや麺造りを継承してゆく為にも…

      復興しなきゃ…必ず復興してやる!と思いました。


      被災地応援ファンド!

      今迄、お客様・取引先様に支えられてきた丸光、私達…復興ファンドは正に、これからも今迄以上にお客様と深く関わり支えられていく、すごいファンドだと思いました。

      再建に向かい、麺を造り1日も早く皆さんの口に入る、そして続けてゆく事が皆様への恩返しだと思っています。

      今迄も頑張ってきたけどこれからも更に頑張ります


      小泉浜ボランティアセンター3(きんとと)

      0
        こんにちは!気仙沼 麺の丸光こと丸光食品スタッフきんととです♪

        小泉にお邪魔してから5日が経ち 小泉浜ボランティアセンター『はません』は Twitterやblogでも 紹介され 人数も増えたそうです!。

        以下は『はません』が発行しているblogです♪

        5月1日〜8日はボランティア大募集!!
        急募!! ガレキを車で運搬するボランティア
        ガレキ処理作業ボランティア
        ビニールハウス解体ボランティア
        調理ボランティア
        家屋内片付けボランティア
        それぞれ大募集!!
        4月30日は百数十名のボランティアさんが汗を流してくださいました。
        みるみる間に地域の姿が変わりました。
        『はまセン』は5月8日まで毎日、ボランティアを大募集!!
        「本当に仕事はあるんですか?」というお問合せが多くなっていますが、
        5月8日までは確実に作業がありますので、
        「作業の有無」については確認無しでお越しください。
        (5月8日以降の活動については、5月3日にアップします)
        事前予約は要りません。個人・団体全て受入れます。
        駐車場、テントサイトはあります。全国の皆さま、被災地の涙を減らすため、
        是非『はまセン』の活動にご参加ください!!
        『はまセン』は気仙沼市の南端、「小泉浜区」の支援活動を中心に行う災害ボランティアセンターです。
        いまだに電気・水が通っていない上に、バスもまだ通っていないため、支援の手が届き難い地域となっています。
        5月1日現在、ボランティアは足りていません。5月1日現在、ボランティアは足りていません。
        住所:気仙沼市本吉町今朝磯58
        ボラ受付:9時〜(活動現場が近いため午後も受付けしています)
        ※個人でも団体でも受付けしています。
        ※事前登録は必要ありません。
        ※男女、年齢問いません。
        活動時間:9時〜16時30分
        アクセス:三陸自動車道「登米東和IC」から約30km(詳しくは「はまセンへのアクセス」をご覧ください)GW中は「アクセス」の中の「GW中のアクセス」をご覧ください。

        大変 嬉しい悲鳴ですが これからも 頑張っていただきたいと思っています。

        小泉浜ボランティアセンター2(きんとと)

        0
          こんにちは!気仙沼 麺の丸光こと丸光食品スタッフのきんととです♪

          小泉浜ボランティアセンターのつづき〜


          こちらのボラセンの特徴は 避難所で 避難者のみなさんと寝食を共にすること!
          もちろん 最初に 滞在期間相当分のなにかの食料や物資(自分で考えるのではなく現地に聞こうね)を持ち込み 居候させていただく感じです。これも 少ない人数だからこそですが『自己完結ってよく言いますがココで一緒に生活することでの利点はたくさんある』そう話してくださいました。
          その1、無駄な食材を資材を使わない・・・一人分て 不経済ですよね。
          その2、時間にとらわれず 活動できる・・・みんな起きてから 寝るまで率先して働いてくれるそうです。
          その3、避難者との距離が近い・・・助け合いとは よく言ったものですよね。
          その他、数え上げればきりがなくなりますが 土地柄を生かした支援の姿がココにありました。

          同じじゃなくちゃいけない。阪神では・・・中越沖では・・・みなさんが言います。もちろん 素人にはマニュアルも大切ですが 枠に収まらない その地域にあった支援を!!なんで こんな当たり前のことが 出来なくなってしまったのでしょう。
          『ココではビニールハウスの撤去やお店の修理も手伝っています。』
          え?いいんですか?社協では 絶対やらないことです。
          『だって復興のためには産業が成り立たないと!』
          おっしゃるとおりでございます!
          はっきり言って 普段なら 商業目的は・・・というのは納得できますが『時は有事です!』
          事業主だって被災していて 口座のお金はおろせても 当座預金がおろせないと 聞きました。
          みんな苦しいのに・・・。
          お話を聞いているうちにお昼になり・・・『食べていきなよ!』と ごちそうになってしまいました。 
          私に出来ることがあれば!と訪れた 小泉浜災害ボランティアセンター。わたしの方が命の洗濯をさせていただきました。
          わたしは わたしに出来る支援を約束して 小泉を後にしました。
          帰路はまた 何もなくなり 道なき道をなめるように走って行きました。
           
          小泉浜災害ボランティアセンター
          http://hamacen.hida-ch.com/
          問合せ090-8862-7999 川上
          お問い合わせは なるべくメールにてお願いします。
          (現在、スタッフも足りません)
          1日30〜50名のボランティアさんを求めているそうです。

          小泉浜ボランティアセンター1(きんとと)

          0
            こんにちは!気仙沼 麺の丸光こと丸光食品スタッフのきんととです♪

            4月26日早朝、友人より小泉に民間ボランティアセンターがあるとの連絡をもらいました。
            小泉地区は 国道の橋が崩落し 孤立した地域です。
            そして、この地区は震災後、仲良くなった方の地元でもありました。
            すぐに 連絡すると 非常にお困りの様子。
            すぐに 現地に向かいました。
            小泉地区は合併後、気仙沼市になってはいますが 南の端に位置し 南三陸町に程近い所です。国道が寸断されているので 山の迂回路を通り、小泉地区へ…。
            …。心臓が痛くなり、その光景は 市内のそれとは全く違いました。彼女が“まるでクレーターゾーン”と言っていたのを思い出します。
            市中心部から 約1時間掛け 避難所にある 小泉浜災害ボランティアセンターに到着。
            そこには ご年配を中心に72名が避難されていますが 地区内3ヶ所380名分の食事はこちらで作っているそうです。
            しかし、電気も水道も復旧していない中の作業は非常に大変そうですが ボランティアの数は5〜8名程度とのことでした。
            『ここは、コミュニティがしっかりしているのでニーズが多く、答えきれない。』
            そうお話ししてくださったのは 岐阜県からいらしたNPO法人の代表の方。
            気仙沼社協ボランティアセンターに人員の要請をしたが 対応してもらえず やむなく 独自のボラセンを立ち上げたものの ボランティア保険の対応もしてもらえなかったそうです。
            気仙沼社協には『こちらまで来てください』と 言われたそうですが 1日だけのボランティアさんもいる中、往復3時間近く掛けて保険の加入だけに行くわけには行かず なるべく地元社協でボランティア保険に入って欲しい。とおっしゃっていました。また、地元社協にて加入されますと 現地に入るまでの移動も保険対象になるそうです。是非、地元で加入してきて下さいね。

            社協では規定があるのはわかります。でも、方法を考えることは出来なかったのでしょうか?

            民間レベルでも、事実上、手の届かない値域を網羅するために 各地で立ち上がっている社協以外のボランティアセンターとの 連携が出来れば良いのですが…。全国組織になっている社協災害ボランティアセンターは被災地の中心的存在です♪是非、情報の共有が出来ればと思っています。
            よろしくお願いしますm(_ _)m

            つづく〜

            被災地で歯の痛い方、歯茎が痛い方、いませんか?(きんとと)

            0
              はい おばんです。

              気仙沼 麺の丸光こと丸光食品スタッフのきんととです♪

              今日は、皆様にお知らせです♪

              実は、神奈川県の歯科医師の方々との 被災地支援の 話がまとまりました。

              混乱があるといけないので どちらに 何時とは 言えませんが
              気仙沼市は小泉地区と唐桑半島に行く予定です。

              もし、在宅で歯科医師の訪問が必要な方や 近所に そのような方がいる場合、ご連絡下さい。

              地域によりますが対応させていただきます。


              震災より 50日以上経ち 歯肉炎の方々が増えていると聞きます。
              もちろん、市内で既に診療を始めている歯科もありますので そちらに通える方は 是非、地元の歯科にて 診療していただくことをお勧めします!


              歯科は 一度で済む治療、加療は少なく なるべく通えるなら そちらの方がいいと思います。


              ただ、要介護状態の方など 通院が難しい方の対応を 出きる限り したいと思っています。

              ご連絡、お待ちしています。

              被災地でアレルギーのお子様!いませんか?(きんとと)

              0
                皆様、こんにちは!
                麺の丸光こと、丸光食品スタッフのきんととです♪

                先日、私達の所にポスターが届きました。

                110428_1404~01.jpg


                このポスター、東日本大震災被災者支援の一環で アレルギー用の物資を無料提供していただけるものです。

                食物アレルギー用の食物、ぜんそく、アトピー性皮膚炎のケア用品など必要なものを無料で提供していただけます。


                こちらは 全国から届けられた、患者さんや患者さんを支援したいたくさんの方々からの寄付やメーカーさんからの無償提供によってまかなわれています。

                これは来年(2012年)3月まで実施予定です。


                連絡先:03-5948-7891
                Mail:yoshizawa@atopicco.org

                NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

                〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19-207

                小さなお子様が居る方など 是非、拡散してください。

                まだまだ 気仙沼では このようなものを買うのは至難の技です!

                大変な時ですから!

                気仙沼復興に向けて!ボランティアに参加!(きんとと)

                0
                  いつも、blogを読んでいただきありがとうございますm(_ _)m
                  気仙沼 麺の丸光こと丸光食品スタッフのきんととです♪

                  震災後、2週間ほど過ぎた頃、専務さんや奥様とお話しました。

                  本社工場も事務所もなく 全てのデータも無くなってしまった今、すぐにワタシに出来る仕事はありませんでした。


                  それならば…
                  今まで お世話になっている…
                  そして、これからも 共に生きてゆく気仙沼の為に ボランティア活動に参加することになりました。


                  ボランティアには 色々な活動があるようですが とにかく、気仙沼復興!に繋がることだったら!と 思っています。

                  ボランティア活動をはじめて1ヶ月…。

                  今までの活動を 少しずつブログにアップできたら…と思っています。

                  多少、時期が前後するかも知れませんが よろしくお願いします。

                  糸井重里さんからも激励♪被災地応援ファンド(きんとと)

                  0
                    夜分、おばんです。 
                     
                    麺の丸光こと、丸光食品スタッフのきんととです♪
                     
                    先程、Twitterチェックをしていると あの『糸井重里』さんが『被災地応援ファンド』を文字通り 応援してくださっていることを知りました。 
                     
                    また、『ほぼ日刊イトイ新聞』の糸井さんのコラムで『被災地応援ファンド』を紹介していただいてます! 
                    #oenfund
                    とっても感動! 
                     
                     
                    この Twitter、ワタシにデキルカシラ?と ちょっと心配でしたが 皆様の声が直接聞こえる気がしています。
                     
                     
                    特に 気仙沼やわが社、丸光食品に対する 応援メッセージは 本当にが出てきてしまいました。 
                     
                    『被災地応援ファンド』に参加させて頂いた事がきっかけで 皆様とお近づきになれたようで とっても 嬉しいです! 
                     
                    これからも 丸光食品をよろしくお願いしますm(_ _)m! 
                     
                     
                     



                    被災地応援ファンドへの取材がありました!(きんとと)

                    1

                    NHK取材
                    こんにちは!麺の丸光こと丸光食品スタッフのきんととです。

                    先日、被災地応援ファンドの取材で NHKの方と気仙沼市潮見町、丸光食品跡地に行きました。


                    実はここ、専務は何度か来たそうですが がれきがひどかったのと、地盤沈下のため 潮が引かずに 私たちは 近くまでは行っても 跡地には はじめて行きました。


                    物凄い がれきの間を通り抜け、丸光食品の前に…。

                    ………。



                    丸光食品のまえ?
                    わたしには どこが どこだか わかりません。


                    『ほら、この床の色は事務所。ここのコンクリートは機械があった所…。』柱すら あの重い機械すら全くないのです。


                    遮るものが無くなった潮見町は物凄い 突風に乗って色々なモノとニオイが飛んできます。


                    わたしが 感傷に浸っていると…。
                    『大丈夫!また、必ず工場を建てるから!』
                    と、専務の奥さん。

                    はい!ついていきます!
                    必ず、また全国に 丸光の麺を届けましょうね!



                    気仙沼市からの情報です♪(きんとと)

                    1
                    みな様、こんにちは!
                    麺の丸光こと 丸光食品スタッフのきんととです。

                    昨日も、余震が数回あり その度にドキッとしています。みなさまは大丈夫ですか?


                    さて、今日はお金のおはなし…。


                    気仙沼市からの情報です。

                    住宅に被害を受けられた方に 被災者生活再見支援金の支給が 決まりました。

                     震災により住宅が全壊するなどの被害を受けられた世帯に、支援金が支給されます。
                     対象となるのは、市が発行する『り災証明書』で「全壊」・「大規模半壊」と認定された
                    住宅に住んでいた世帯などです。
                     支給額は、次の2つの支援金の合計額です。
                    ※申請受付開始は5月中旬を予定しているそうです。

                    1 基礎支援金 全壊などの場合:100万円
                    大規模半壊の場合:50万円

                    2加算支援金 建物・購入の場合:200万円
                    補償の場合:100万円
                    賃貸の場合(公営住宅を除く):50万円


                    ※アパートなどを借りて居住してい被災された場合も対象となります。
                    単身世帯の場合は、上記の金額が4分の3の額になります。
                    ※申請書には『り災証明書』などが必要です。

                    以上の事が 正式発表されました。

                    お問い合わせは
                    気仙沼市危機管理課
                    0226-22-3402 まで


                    これからも 気仙沼情報をお届けしていきます。



                    PR

                    calendar

                    S M T W T F S
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    252627282930 
                    << June 2017 >>

                    皆様のお力お願いします!

                    ファンドリンク 

                    フォローお願いします

                    marumitsufoodsをフォローしましょう

                    Twitter

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    • NHKおはよう日本に専務が出演
                      カナ
                    • ボランティア首脳会議 IN 宮城 気仙沼 唐桑半島
                      花舘和衛
                    • はませんー注目のボランティアセンター 宮城 気仙沼 
                      sako
                    • 小泉浜ボランティアセンター2(きんとと)
                      正田

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM