スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.02.18 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    被災地気仙沼 ボランティアとしてのスタンス〜(きんとと)

    0
      こんにちは!気仙沼麺の丸光こと丸光食品スタッフきんととです♪


       1日目の作業を終え 私は悩みました。このボランティアセンター(以下、ボラセン)に 自分は必要なのか?単純作業が 嫌な訳ではありません。阪神淡路〜でも 同じように 仕分け作業を行っていました。
       でも、不効率なやり方を 変えようとしない現場。苦情があっても 仲間内だけで悪口を言う ボランティアさんたち。
       子どもを預けてまで 参加したボランティア。
      1週間だけ・・・。そう決めてきたのに 無駄な時間は 過したくない。
       
       災害ボランティアの中には 個人や仲間だけで活動している方もたくさんいます。地元の方に迷惑になっているボランティアもいるそうですが 枠にとらわれず 必要だと感じたことを 自己完結の形で作業されている方の気持ちが 少しだけわかる気がします。『介護職のキャリアを生かして介護施設や養護施設でボランティアしたほうが良いのでは?』
       
       そして、色んな面で立ち遅れているように見える 気仙沼・・・。私たちはどうすることもできないのか?なにか方法はないのか?
       しかし、ボラセンの内部にすら入れなかった私たちにいったい何ができるというのか?
      『みんな努力している。それでもなかなか変わらない。きんとと一人がやったって簡単には変わらない。』専務の奥さんに言われた一言が 心にずしんときました。

      確かに 私一人がわめいたところでいったい何が変わるんだろう。悲惨な情景と劣悪な環境を見すぎたせいかも知れません。どうにかしたい。やっぱり 何とかしたい。
       
      一晩、真剣に悩みました。
      朝になっても はっきりとした結論が出せずにいました。
      『今日はどうするの?』
      そう聞かれ 私は結論を出しました。
      『ボラセンに行くよ。』
      ・・・・・・・・・

       個人で好きなボランティアをやるのは 自分が満足したいから!そんな気がしてなりませんでした。
      組織の中では 思うように動きが取れないのもわかっていましたが 組織が変わらなければ何も変わりません。1週間でどこまでできるか?何もできずに終わるか・・・
      『これって博打だな・・・。』 そう思いながらも 心では真剣に勝負する覚悟はできていました。
      ボランティア2日目。
      私は 戦闘態勢に入りました。

      きんととのつたないブログにお付き合いいただき、ありがとうございますm(_ _)m
      誤字脱字等、ありましたら随時、編集致します。


      気仙沼の明るい場所〜気仙沼養護施設〜(きんとと)

      0
         こんにちは!気仙沼麺の丸光こと丸光食品スタッフきんととです♪


         今回の震災では 震災孤児が数百名を越えるのでは?という ニュースが何度となく流されました。
         気仙沼市では どうなのだろう?

         気仙沼市は養護施設が家庭支援センターの役割も兼任されていて 以前にも訪れた事があり ご迷惑かとも思いながらも 訪問させていだだきました。

         急勾配を登ると 子どもたちの元気に遊ぶ声が聞こえてきました。まるでそこは 別世界のようでした。

         ボラセンの仕事に正直、がっかりしていた私は 他に自分が出来ることはないか?養護施設や老人ホームに直接、ボランティアに行った方が有意義なのではないか?
         私は悩んでいました。

         今、気仙沼では 誰かに会うと 震災時の話になります。
        あの時、だから助かった
        だから間に合わなかった
        悲しい話ばかりに 逃げ出したくなります。

         そして、気仙沼市の震災孤児は…
        今の時点では、0人とのことでした。これは 死亡でなくても行方不明の場合でも 震災孤児とカウントするそうですが…。

         施設側では、本当に0人なら嬉しい。しかし、もしかしたら 親戚や近所の方が預かっていて 数字として 揚がってこないだけかもしれない。

        でも、現時点では0人。
        これが いつまでも続けばいい。
        そう 祈るしかないですよね!

         元気な子どもたちの遊ぶ声を聞きながら 施設を後にしました。

         次に訪問するときは たくさんのお菓子を持ってくることを約束して♪


        きんととのつたないブログにお付き合いいただき、ありがとうございますm(_ _)m
        誤字脱字等、ありましたら随時、編集致します。
        今後も丸光食品共々、よろしくお願いいします。
        被災地応援ファンド→ http://bit.ly/jOH0ES

        被災地気仙沼 ボランティア活動 3 初参加(きんとと)

        0
          こんにちは!気仙沼麺の丸光こと丸光食品スタッフきんととです♪


           実は今回、私がボランティアをすることを大学時代の友人に話すとわざわざ他県から 手伝いに来てくれていました。

           約1ヶ月前、はじめてのボランティアは9時にボラセン集合とのこと。少し早めに 友人と向かいました。

           駐車場には沢山のボランティアさんが集まり 参加する内容が発表になるのを待っています。
          『それでは〇〇に参加する人〜。』
          え!朝礼も無し?
          仕事は掻き出しか仕分けのみで 友人は地元からシャベルまで持ち込んで 掻き出しする気満々でした。が 阪神淡路〜で仕分けをやっていた私は『仕分け行こうよ』と 無理矢理仕分けに誘い いざ、物資庫へ…。と、
          簡単には行かず…なんと 人選に1時間近くかかり 送迎バスに乗れたのは大分後になってからでした。
          バスの中で自己紹介のシュミレーションなどしながら会場に到着すると…
          『はい、好きなところで作業してください』

          え…え…あいさつは?自己紹介は?

          ……皆さん、忙しいですものね…しょうがないですよね……

          極々、控え目に挨拶をし、今日が始めてなので!と 他のボランティアさんにやり方を教わりました。
          でも、そのやり方がものすごく不効率…。

          え?いいの?このやり方で?

          みんな疑問に思わないの?

          でも、私もここでは新人。皆さんと足並みを揃えるのも大事ですよね!

          な・ん・て…。

          不効率なんて 良いわけない!

          だって 物資を待っている人がいるはず!
          このままじゃ いけない。
          でも 私に何が出来るのだろう。

          この時の私は 物資を待っている人がいることを信じて疑いませんでした。
          仕分けた物が 中々被災者の元にいかないなんて 考えもしなかったんです。
          その日は15時に作業を終え、ボラセンへ向かうバスに乗りました。

          終令がなかったのは、言うまでもありません。

          きんととのつたないブログにお付き合いいただき、ありがとうございますm(_ _)m
          誤字脱字等、ありましたら随時、編集致します。
          今後も丸光食品共々、よろしくお願いいします。

          被災地気仙沼での出逢い〜縁〜(きんとと)

          0
            こんにちは!気仙沼 麺の丸光こと丸光食品スタッフきんととです♪


             気仙沼市内で 早い時点で 店を開けた『クボホームセンター』
            何でもあるわけではありませんが 想像していたよりも 品物があることに驚きました。
            友人が買い物している間、何の気なしに行方不明や学校などのお知らせを眺めていました。『今はどこに貼り出すより買い物ができる場所に貼るのが一番、目に入るのかもしれない。』そんなことを考えていました。

             ふと気がつくと 高齢のご婦人が小さなリュックに尿取りパットを入れようとしていました。どう考えても無理だろうなぁ。
             ずっと見ているとご婦人は諦めたように肩を落とし 雪が降り始め 薄暗くなった外に向かい 傘を差して歩いていきました。
             一瞬、声を掛けようか?悩みましたが それと同時に 被災地で増えている強盗なんかに間違えられたら嫌だな。馬鹿馬鹿しいかな?第一、車があれば 余計なお世話かな?
             今、思うと この時の私はまだ、ストッパーが外れていなかったと思います。
             買い物が終わり しばらく走ると 先程のご婦人が歩いていました。『どうしよう。乗せていきたい。』友人は、どちらでもいいと言いましたが どちらかというと反対?という 空気をかもし出していました。
            確かに…一人を助けても 何が変わるのか?
            でも、でも…目の前の一人を助けられない人間がいったい 何が出来るというのか?
            この時、私のストッパーが外れました。
            『ごめん。やっぱり、声掛ける。』急ブレーキを踏み 私はご婦人の元に走りました。
            『良かったらお送りしますよ。』
            余計な言葉はいりませんでした。
            お話を聴くと…『津波で家が崩壊し、避難していたが 主人が体調を崩し、避難所から10前幣緡イ譴辛賊,貌院してしまった。病院から尿取りパットを持ってきなさいと言われたが 4軒、薬局を回って やっと二つ買えた。これから また 歩いて避難所に帰ると思うと…。』ご婦人はここで 涙で声を詰まらせていました。
            ボラセンでは、物資は余っていて 特にオムツ類は沢山あるはずなのに…。
            ご婦人に避難所に言うと物資を受け取れる事を話し 別れました。私達のような年の離れた者に何度も何度も頭を下げ…
            そして、拝みながら…。
            切なさよりも 悲しさよりも 私は憤りを感じました。

            きんととのつたないブログにお付き合いいただき、ありがとうございますm(_ _)m

            被災地気仙沼 ボランティア活動 2 登録へ(きんとと)

            0
               気仙沼 麺の丸光こと丸光食品スタッフきんととです♪


               実は今回、ボランティアをすることは決めていたものの 公的な団体である社会福祉協議会(以下、社協)のボランティアセンター(以下、ボラセン)に所属して参加するか あくまでも個人として ボランティアをするか 悩んでいました。
               ボラセンが立ち上がるまで 震災から18日間かかった気仙沼。ここでは、それ以前に、民間の他県から来たボランティアグループやNPO法人が活動をしているのを知っていました。
               私にとっては どちらの選択肢もありました。が、公的に活動出来た方がより行政の力を借りて 広範囲に適切なボランティアが出来る筈…そう考えていました。

               自由に活動出来る事も魅力ですが ひとまず、ボラセン登録に向かいました。
               
               ボラセンの受付は市の『すこやか』という施設の駐車場、一角にテントを張り行われていました。
               受付を済ませボランティア保険に加入。一通りの説明を聞いた後、『私でお役に立てることがあれば…!』そう話すと、とても冷たい反応が戻ってきました。『主に支援物資の仕分けか泥の掻き出しですね。』
              ……。
              おっしゃる通りでございます。
               
               先日 社協では 経験者は大歓迎というような様子で是非、センターの方を手伝って欲しいような事を言われていました。
               以前とはあまりにも違う温度に『話の持ち出し方を間違ったかな?』と少し後悔しましたが 口から出てしまったものを引っ込めることも出来ず とりあえず、明日から参加することに…

              ボラセン側では 介護系ボランティアである 傾聴や付き添いなども ボランティアの内容として 挙げてはいるものの ニーズ(要望)としては 全く上がってこないそうです。
              皆さんが困っている事って掻き出しだけでは、ないのでは…そう思いながらも 明日へ期待していました。

              でも、現場はもっと大変な事になっていました。 どんなって…?
              それは…



              きんととのつたないブログにお付き合いいただき、ありがとうございますm(_ _)m
              誤字脱字等、ありましたら随時、編集致します。
              今後も丸光食品共々、よろしくお願いいします。

              被災地気仙沼 ボランティア活動 1 はじめての…(きんとと)

              0
                お久しぶりです♪気仙沼 麺の丸光こと丸光食品スタッフのきんととです♪

                皆様、どんなGWを過ごされましたか?
                きんととは ボランティアで行っていたコーディネートで 気仙沼市内と県内を忙しく動き やっと 一段落付きました!


                そこで、以前からblogにUPしたいと思っていた ボランティアでの事を書かせていただこうかと 思っています。


                はじめて 気仙沼市社会福祉協議会(以下:気仙沼社協)にお邪魔したのは 被災後、2週間の頃でした。

                津波で被害にあった気仙沼社協は市内、山の方に仮事務所としてボランティアセンター(以下:ボラセン)の立ち上げの準備をされていました。お話を聞くと とても大変そうでした。


                実は私、阪神淡路大震災の時、学生ボランティアとして 現地でお手伝いをさせていただいていたんです。

                その経緯をお話すると…『是非、事務所の運営なんかも手伝って下さい。』

                え!私なんかには無理です!そう、思いつつも スタッフも足りないのなら 何でもお手伝いしよう!そう思っていました。

                それから 数日が経ち いよいよ 気仙沼ボラセンが立ち上がる事になり 連絡が来ました。『明日からオープンします。ご登録、よろしくお願いします。』


                私は ドキドキしながらも これで気仙沼の役に少しでも立てる!と 思っていました。


                …私は自分で 驚いていました。

                『私は気仙沼が好きなんだ。』


                今まで、改めて思ってもみなかった感情に驚きながらも やる気だけは たくさんありました。


                この時の私は まだ、知らなかったんです。

                あんなに波瀾万丈なボランティア生活が この先、待っていようとは…


                きんととのつたないブログにお付き合いいただき、ありがとうございますm(_ _)m
                誤字脱字等、ありましたら随時、編集致します。
                今後も丸光食品共々、よろしくお願いいします。

                心配ばかりしていても始まらない!被災地気仙沼より〜

                0
                  頑張れ気仙沼!
                  立ちあがれ丸光!

                  今日も元気!
                  少しずつ少しずつ再建に向けて準備を進めているけど、思うようにはいかないよねぇ〜

                  しばらく落ち着いてたかな〜と思っていた余震が、今日は頻繁に揺れた。
                  夜中も小さな揺れが長く続いて…速報だと福島で震度5弱。正直怖い。

                  毎日のように続く揺れに『慣れたや〜』と云う人もいるけど、やっぱり怖い。日本は地震国というけど、このところ各地で起きている地震、テレビを見ていると、色々な方々が色々な事を言ってる

                  各地で起きているのも余震なのか…

                  なんて思っていると、テレビから『頑張れ日本』と聞こえてくる

                  心配ばかりしていても始まらない!


                  震災当日まで忙しく働いていたのに…今は働きたくても会社がない!
                  ホントに想定外の出来事

                  天災だから、誰が悪い訳でもなく命あった事に感謝して前へ進まないと。

                  今は色々と目標を立ててる。目標があると、そこに向かって前進できる

                  細かく調べて、日時もある程度は明確に…

                  会社再建を待ってくれているお客様、取引先様の為にも、それからうちの一緒に働いてきたスタッフ、そのご家族、皆様のご協力のもと今日まできたのだから…

                  自らを奮い立たせて頑張ります!

                  被災地気仙沼でも嬉しいこと…。

                  0
                    頑張れ気仙沼!
                    立ちあがれ丸光!

                    嬉しい事があった。震災当日まで納品していた
                    お得意先様が訪ねて来てくれた。

                    元気そぅで安心したよ
                    納品はいつから出来る?待ってるから必ず再建してよ!

                    1時間ほど話して帰った…何とも言えず嬉しかった。前にも書いたが、日本全国めんはいくらでもある。それでも待ってるから!の言葉。ホントに心から嬉しい
                    1日も早く復興しないと。

                    実は今朝一番に『精神的にも、まだまだ不安定だなぁ…』と思った

                    『大地震』なのだから普通でいられる訳もないか
                    こうして色々考えたり、感動や感謝があり、人の優しさ、出会い
                    日々過ごしてゆく内に
                    悲しみや辛さは忘れて?イヤ薄らいでいくのかなぁ…。
                    とにかく家族・従業員、私の大切な人が無事だった事に改めて感謝。

                    って訳で
                    今日も頑張っぺし!



                    頑張れ気仙沼!立ちあがれ丸光!

                    0

                      頑張れ気仙沼!
                       立ちあがれ丸光!

                      家がミシミシッ…ミシミシッと音をたて揺れていた。まるで地震、またあの日が甦る

                      昨日から強風警報がだされ、台風のように1日中風が荒れ狂っていた。
                      車に乗っても車体が大きく揺れて、イヤでもあの日の恐怖感が思い出される。

                      全員で全身で前を向いているつもりでも、まだまだなんだなっと思った。あれから毎日続く余震、ゴォ〜と薄気味悪い地鳴りがして地震がくる
                      揺れ始めた時は震度が小さいか大きいか分からないから、すぐテーブルの下へ…

                      必死で前を向き、進もうとしているけど頭や体はあの日の恐怖を忘れてない。未だ行方不明者も大勢いて毎日捜索が続けられてる。まだまだなんだよね
                      それでも今日もたくさんのメールを頂いて見ると泣けてくる。頑張ってとか再開を待ってますとか…

                      本当に心から『ありがとう』感謝以外のなにものでもない。命があった事、家族・従業員に人的被害がなかった事、そしてお客様が待っていてくれる事

                      全てに感謝して、また明日から復興に向かって頑張ります。



                      気仙沼の虹…

                      0
                        頑張れ気仙沼!
                        立ちあがれ丸光!

                        一昨日気仙沼では不気味な虹がでて一部で騒ぎになった。
                        山形からも虹の事でメールきたから山形でも見れたらしい。横に長い虹で丸くない。
                        3月11日大地震の日にも、今日と同じ虹を見たと云う人が数人居て、また大きな地震がくるんじゃないかってビクビクしながら1日を過ごした。

                        結局大きな地震はなく
                        (今のところ)ホッとしているが、それでも長い地鳴りの後、震度4の地震は起きてる。
                        この余震、いつまで続くんだろ?

                        ところで今日はゴールデンウイーク折り返し

                        すれ違う車は他県ナンバーが多い。観光ではないだろうから帰省?ボランティア?かな。

                        休み中は官公庁などが休みのため身動き出来ない

                        頑張るぞ〜と様々な思考を巡らせるポジティブと何かの拍子に、あの日を思い出し悲しみや恐怖感が襲うネガティブが共存している。

                        でも、今は『やる時』また明日も頑張ろう!


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>

                        皆様のお力お願いします!

                        ファンドリンク 

                        フォローお願いします

                        marumitsufoodsをフォローしましょう

                        Twitter

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • NHKおはよう日本に専務が出演
                          カナ
                        • ボランティア首脳会議 IN 宮城 気仙沼 唐桑半島
                          花舘和衛
                        • はませんー注目のボランティアセンター 宮城 気仙沼 
                          sako
                        • 小泉浜ボランティアセンター2(きんとと)
                          正田

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM